形成外科

4月から形成外科専門医による診察が始まります

基本的には毎月第1、第3(日)午前診ですが、都合により変更になる場合もございますので、HP・院内掲示板をご確認ください。

形成外科とは

身体に生じた組織の異常変形欠損、あるいは整容的に不満足なことに対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質“Quality of Life”の向上に貢献する、外科系の専門領域です。

治療分野

・新鮮外傷、新鮮熱傷

・顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷

・褥瘡、難治性潰瘍

・悪性腫瘍およびそれに関する再建

・唇裂・口蓋裂

・瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド

・美容外科

・手・足の先天異常、外傷

・母斑、血管腫、良性腫瘍

etc.

 

当院で可能な形成領域の治療

・皮膚のできものやしこり (良性腫瘍)

・生まれつきの赤いあざや黒いあざ(血管腫・血管奇形・母斑)

・やけど、外傷、手術後の傷あとや傷のひきつれ (瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド)

・なかなか治らない傷(難治性潰瘍)

・まぶたのたるみやまぶたの下垂(眼瞼下垂)

・美容の相談(ふたえ、しみ、しわ)

・床ずれ(褥瘡)

・巻き爪(陥入爪)

etc.

形成外科担当医

Dr. Shinsuke

略歴

2002年  昭和大学医学部卒業

同年   昭和大学形成外科入局

     その後、様々な関連病院で研修

2008年~ 今給黎(いまきいれ)総合病院形成外科勤務

2010年~ 同病院形成外科部長

ご予約・ご相談はお気軽に

整形外科、骨や筋肉の痛み、お子さまの小児整形外科のことでお悩みでしたら、

用賀駅東口より徒歩1分にある用賀リッキー整形外科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3700-1717.png
  • 診療WEB予約